HOME MAGAZINE Field Info. GUIDE ABOUT BBS LINK
「真剣勝負?」





 TOP50の次回開催地、岡山県旭川ダムでのプリプラクティス期間は今週の木曜日、今日まででした。なのに私は先週からずっと桧原湖にいます。したがってもちろん岡山県プリプラにはいっていません。決してやる気がなくなったわけでも、次の試合に出ないわけでもありませんが、今回はプラはやめました。3年前にも試合してますし、その時は相当プリプラしましたし…

 私の少し過去を振り返ると、トーナメンターとしてある程度の成績が残せ、賞金がとれるようになったとき、その結果の根本は常に練習でした。だから私は練習にかなりの時間を費やし、プラ森(プラではよく釣っているという皮肉の意味)と呼ばれても結果を信じてプラ命で頑張ってきました。

 しかし残念なことに去年くらいから釣りに迷いが生じ、さらには試合のイメージと現実とのズレを感じるようになりました。これは属にいうスランプです。色々解決策を考え、試合中に打開策も思いつきましたが、試合中に何か感じても、プラからの先入観が邪魔をして結果につなげない、そこまで重傷だったのが旧吉野川戦でした。いなくなったプリの魚を予選落ちするまで追っていたのです。

 ちょっと力ずくな作戦かも知れませんが、「先入観を持たないためにプリプラに行かない」プラ森の自分だからこそできる新たな作戦だと思いませんか?
くどいようですが、決してやる気がないだけでは(?)ありません。いや冗談。これぞ真剣勝負。結果に乞うご期待!

(2005/06/02)