HOME MAGAZINE Field Info. GUIDE ABOUT BBS LINK
琵琶湖ガイド好調





 4月に入りいよいよ2005年のガイドが始まりました。去年は遊漁船主任者登録が遅れてしまい、5月からの開始だったのでこの時期はたくさんのゲストの方にブーイングを浴びていました→「Boo〜!Boo〜!」。で、そんな状況下で出場した昨年のBIWAKOオープン第1戦で準優勝してしまいさらにブーイングを浴びていました→「Boo〜!Boo〜!Boo〜!」

 今年のガイドの滑り出しはなかなかいい感じです。3月20日過ぎから琵琶湖での本格的な釣りを開始し4月からのガイドに備えたんですけど、間にBIWAKOオープンの第1戦があったり、バスカントリーでトーナメントを開いたりしたので、バスの動きの流れがとっても掴みやすかったのです。一人でコツコツ積み重ねるのも面白いですけど、大会での他のアングラーの釣果からいろいろと読み取るのもまた面白いですね。あっ、でも、釣りをするエリアやスポットを真似っこする・・なんてことはしてません。参考にして自分流のエリアやスポットを探すのです!

 現在、ぼくのガイドでメインになっているのはミッドストローリング&バイブレーションです。ミドストは南湖西岸の各所にあるミオ筋で行っています。周りよりも少し深く掘れているミオ筋は、浅場に産卵に行くバスにとって通り道になっています。バスの多いミオ筋を見つければウハウハ状態です。ミドストはなんだか難しいテクニックのような紹介のされ方をしていますが、おくむら流ミドストはぜんぜん難しくないです。「今日、初めてミドストをしました〜」なんて方でもちゃ〜んと釣っていかれていますよ。ようは、リグをボトムタッチさせずにスイミングさせればいいんです!・・と言っても文章では上手く伝わりませんね・・・。

 バイブレーションは投げてまくだけ!・・たったそれだけですが、バイブレーション選びをしっかりしてください。この時期の琵琶湖でよく反応するとぼくが独断と偏見で思っているのは、ジャラジャラ音のバイブレーションではなく、コトコト音のバイブレーションです。T.D.バイブレーションのウーファーなんかがベストマッチです。ガイド前に「持ってきてくだいね!」と念を押しておいても「ジャラジャラ音のやつがあるからそれでいいや〜」ってことでコトコト音のバイブレーションを持ってこられないゲストの方がおられますが・・・そんな方はたいていアフターカーニバルになっておられます・・・。

 さぁ、また明日からガイド三昧な日々です。まだまだミドスト&バイブレーションでOK牧場なのか?それともまた新しい何かが見つかるのでしょうか??

(2005/04/11)