HOME MAGAZINE Field Info. GUIDE ABOUT BBS LINK
フィッシング レポ−ト」  


貴重な2本…

来年からTOP50参戦!応援お願いします。







   「ファイナルチャンピオンシップ」 茂手木祥吾

10月23日河口湖で行なわれたファイナルチャンピオンシップトーナメント!

このトーナメントは各大会の優勝と準優勝をしたトーナメンターのみがエントリーできるトーナメントです。プロ、アマ分かれて25センチキーパー5匹のリミットで戦います。僕はマスターの練習にと出場していた山梨チャプターと奥河口チャプターで出場権獲得し、この大会に出場してきました。

今年の河口湖はわずか数回(2回?)の放流しか行なっておらず、ターゲットはネイティブもしくは過去放流と言われるネイティブ化した放流
バスです。ここ最近の大会ではディープのバスの方がサイズがよく安定感も見られるので、今大会一番の人気パターンになるのでは…と予測し、それによって、エリアも3箇所ぐらいに絞られ、人の混み具合も予想できてました。

ここで、安定感のあるディープに行くか…数は伸びないけど、あまりチェックされていないミドルに行くか…。ちなみにシャローは自分
的にはまだまだ勝てるレベルに達していないと思っているので、ここではあえて選択肢には入れていません。

さてどうしよう?


当日〜そんな悩みもフライト順が第3フライトと分ったとたんかなり決まり気味でしたが(笑)とりあえず、ディープのポイントに行っ
てみましたが、やはり大船団!ここは溶岩がらみのピンポイントなので、そのピンに入れなくては意味がありません。一度はエレキを下ろしたものの自分のGPSに記録したピンスポットのほぼすべてにボートが浮いています、さすがチャンピオンシップトーナメント。早めの切り替えが大事と、ミドルのバス狙いにシフトし、3〜6メートルに落ちるウィードがらみのブレイクにダウンショットを浮かせ気味にトレースするとバイトがあるのですが、しかし乗らない…。ワームはガルプの3インチクローラーのスモーク。真ん中辺りでワッキー掛けをしているので、たまにハリ先が出ていない時があるのがこのリグの欠点でもありますので要チェックです!ワームをフッキングのいいようにセットし直し、同じコースを念入りにキャスト。イメージはエビがウィードの上を走る感じです。ウィードのトップをかすめながらトレースすると、グンとウィードの絡まったような重めのバイト。ウィードに潜られない様にロッドのバットの強さを生かし、ウィードからバスを浮かします。これがウィードの釣りで大切なコツでタックルバランスの重要さも感じるところです!上がってきたサイズは35センチほどですがコンディションのよいバス!

その後、鵜の島周りのブレイクを攻めるが、ノンキーパーのみのバイトしか取れず、思い切ってエリアを最東の浅川に移動!ここは広いシ
ャローを持ち、形状からも大きなワンドにも見立てられるエリアで、やや沖にはワカサギの回遊も前日に確認していました。ブレイクのきついウィードの絡んだラインを先ほどと同じダウンショットでトレースすると、2投ほどでヒット!600グラムほどのナイスキーパー!しっかりとランディングして、これで2本目。ウエイト予想として1300gぐらいかな?
前日プラしてみた予想ウエイトとして、優
勝は3000g後半で、2500gでお立ち台かなと、自分の目標をとり合えず800g4本の3200gにし、どこかでキロオーバーを混ぜれたらと…大まかなで安易な目標だったのですが、現実は厳しいです。予定を立てた当初の作戦だった、ディープバスのサイズではありえたのですが…。このサイズでは5本揃えても足りない。
さて、ここから一気に追い上げです!と行きたかった
のですが、結果はその後ノーバイト!ディープに賭けてみたのですが、結局2本でウェイン(T。T) ウエイトも1300g弱で18位。とりあえず入賞で楯と賞金ゲットとなったのですが、優勝ウエイトは4キロオーバーと予想をやや超えていましたが、お立ち台最低ウエイトは2キロちょい…。
釣れていない大会には違いなかったわけですが…うーんあと一歩!しっかりと作戦を立て直せていればと思う節もあるのですが、それは来年までの課題とし、この冬練習に励みたいと思います。
 
おすすめタックル
ロッド ピュアフィッシング ファンタジスタ FFS60ULS
リール ダイワ スピニング 2506クラス
ライン フロロカーボン 3ポンド+エコリーダー4ポンド
 
    
                           

(2005/11/18)