HOME MAGAZINE Field Info. GUIDE ABOUT BBS LINK
フィッシング レポ−ト」  












    「亀山・ミニト−ナメントレポート」 羽生 和人

11月12日毎年恒例、小森プロに誘われミニトーナメントに参加してきました。このトーナメント、去年も参加しましたが、小森プロの古くからの友人などが集まり和やかな感じの、楽しいトーナメントです。今年は亀山ダムでの開催。しかもトキタボートさんからのスタート。毎週通っており、フィールドインフォも担当している自分としては、頑張らないと!と、思いながら参加してきました。去年の高滝では、バスはもちろんワカサギも殆ど釣れなかったので・・・。

1週間前の日曜の釣行をプラに充てる事にしました。この日午前中は日も出ていたのですが、午後から雨。1ヶ月程前から釣れ続いているエリアがあり、雨が降るとどうだろうと、思いながら行ってみると入れ食い。常にバスがいるであろうエリアなので、居付きの魚がフィーディングに入った様でした。当日も雨なら期待出来るなと思いました。天気が良くても笹川中流域のバンクを、DSで丁寧に釣っていくとサイズは落ちるものの、数は取れる事も分かりプラを終了しました。

当日なんと前日の夜から雨。かなり期待が持てました。参加人数は15人程。しかし小森プロ、来年からTOP50に上がる茂手木プロをはじめ殆どの方がJBプロ。更にチームトキタの亀山経験が豊富な方々ばかり。
ト−ナメントは7時スタートの帰着は2時と何時もより時間の長めの試合です。キーパーサイズなし、ギルOK、リミット5本!とこれも普段経験の無い事です。

スタートと同時にあのエリアに直行。あのエリアとは、藤林対岸の水門です。しかも左側の壁だけが狙いです。リグはガルプドーバークローラーのスプリット。そして1投目。着水してすぐにバイト!350gぐらいですが1投目から釣れました。その後も先週よりはサイズは落ちていましたが、毎キャスト、バイトが有りあっと言う間にリミットメイク。しかしウエイトは1750gぐらい。朝、小森プロが2200gは欲しいと言っていたので何とか入れ替えをと思い水門を撃ち続けます。水門の全ての壁を撃ちますがやはり左側以外バイトは有りません。周りを撃ち終え、再び左側を撃つと、またバイト。ボートに向かって走ってきてのですぐにキャッチしましたが、この魚がkgオーバーでした。(しかしこの魚ダイエットをしたのか、検量で量ったら800g後半でした。釣った時は余程興奮していたのか量り間違えですね)この時点で2200gぐらい。魚が食ってくるのは、全て水深1mぐらい。勝てるかもと思い始め、更に入れ替えをと思い、壁に沿ってボトムまでルアーをフォールさせます。するとまた連続でバイト!しかし入れ替え出来る魚が取れずこのエリアを2時間釣ったところで笹川へ移動する事にしました。
笹川に着いてビックリ…。バンク沿いにヘラ師が沢山居て釣りたい所が出来ません。仕方なく人の居ないところをマイクロクローラー4inの1/16ozDSで釣っていくとプラの時の様に数は取れました。しかしサイズがかなり落ちており最大で150g。広瀬まで流しますが、入れ替えならず、1時間程で笹川を出ます。この辺りから雨が止み、日が差し始めバイトが少なくなりました。その後は、よりとも島周り、川面台、下清水、水産と回りますがバイトも無く、時間がだけが過ぎていきます。本湖の大場所には入らずに再び藤林対岸の水門に入ります。時間は1時。あと1時間。ウエイトは2200gのまま。水門全体をスプリット、スモラバ、ダウンショットで表層からボトムまで狙いますが、朝のプレッシャーと雨が止み、晴れてしまった為バイトが全ったく有りません。時間はどんどん過ぎていき残り5分になってしまいました。その時今まで1匹も釣った事の無い、水門奥のシェードが気になり、1/32ozスモラバを落とすと1投目でバイト。この魚が350gあり、250gと入れ替えでき、最後の最後で100gの入れ替えが出来きそのまま帰着となりました。
桟橋では小森プロが最後の30分でまくり2Kg越えたと言っています。途中会った時はギルでリミットメイクとか言ってたのに…


検量が始まると、さすが皆さん釣ってます。でもなかなかリミットが揃わなかったようです。緊張の検量でしたが、ウエイトは2300g!考えていたとおりのウエイトでビックリ。最後に小森プロでしたがウエイトは2045g。勝ちました!本当にうれしかったです。特に亀山ダム、いつもお世話になってるトキタボートさんで勝てた事が。今回勝てたのは小森プロに前に、練習から真剣にやれば、試合だからといって焦らない。練習から本気でやればいい。と言われた事がとても大きいかったです。それ以来普段の釣りでも真剣に1日集中を切らさずにやっていたことが、今回に繋がったと思います。いつもなら完全に集中の切れている、帰着5分前に100gですが魚を入れ替えられた事が普段の成果が出たかなと思うところです。この時の350gは800gよりうれしかったです。小森プロのおかげで勝つ事ができました。

これからもフィールドインフォ亀山頑張ります!よろしくお願いします。

(2005/11/22)