HOME MAGAZINE Field Info. GUIDE ABOUT BBS LINK
「初めて釣ったバスstory」 







    伝家の宝刀「スライダーワーム」
大隅 浩典 


 最近どうよ〜。なんかいいことある?もう何年前になるかな…成人式の二次会で高校の時に良く遊んでいた友人に何気なく聞いたのがこんなセリフでした。当時、スノーボードがまだ各ゲレンデで解禁されていない時、毎週のように雪山に通っていた僕は、足首を負傷してしまい、なんかないかな〜と考えていた時でした。

 そんな時、久々にあった友人はブラックバスという噂でしか聞いた事のない魚釣りに夢中だという話を聞いて、遊ぶことには目がない僕にとってとても新鮮でした。何よりモータースポーツや他のスポーツと違い、危険な香りがしない遊びは今まで無関係だったが、怪我のこともあってかすぐに釣行を約束しました。

 なんせ自分の中では伝説の魚だったバス…小さい時に釣りキチ三平なんかで読んだことがある程度で、ルアー釣りなんてのももちろん初めて。早速すぐに京都にあるポパイ(今より遥かにローカルでやっていた)に行き、ロッド、リールルアーやタックルボックス、ビデオなんかも一辺に揃えた。なんせその時は衝動買いの鬼!買いまくりでしたね〜〜。今では考えられませんが…
 
 で、そのまま初めて琵琶湖入り。夜釣りでした。小さな漁港に入り、見よう見まねでキャストの練習。アクションさせまくりで怒られ、教えられながら夜通し投げまくってました。ワームのテキサスリグです。3.5グラムのライトテキサスでした。今思えばアンバランスなタックルでした。ワームは透明が夜に効くと教えられ、透明の6インチトーナメントワームでしたね。全然釣れなくて、変な感触があったので合わせたら、なんと…ナ・マ・ズでした。ビックリして暗かったせいもあって、ヘビ釣ってもーた〜〜〜なんて叫んだ記憶があります。
 しばらくして、回りを見ると、みんな小さなワームをつかてて、ワラにもすがる思いで、タックルボックスにあった「スライダーワーム バスグラブ」を投入しました。で・・ナント1投目から釣れて(25センチくらいの小さいの…もうおおはしゃぎしたもんです。それから釣れまくりで、ボードからロッドに持ち替えてどんどんディープな世界にのめり込んでいったのでした。

 あ〜〜懐かしいですね〜〜。やっぱり最近あん時の感動が薄れて消えかけてたのかも知れません。この原稿を書きながら、やっぱ楽しんでナンボ!釣ってナンボ!!人生楽しまなきゃ!!と改めて思ったのでした。また、この原稿のその後…なんてのも機会があれば紹介しますんで楽しみにしてくださいね!
 ではでは・・1・2・3  BANZAI!!

(2005/05/19)