HOME MAGAZINE Field Info. GUIDE ABOUT BBS LINK
「初めて釣ったバスstory」 







   「初めてバスを釣ったルアーは」 
おくむらさとし 


 ぼくの釣りは、親父に連れられて琵琶湖で釣っていたヘラブナが原点です。たまにモロコ釣りやコアユ釣りもしていました。当時の琵琶湖は今と違い本当にいろんな魚が釣れました。ちなみにそのたくさん釣れていた魚達がいなくなった原因として、現在バスがやり玉にあげられています。20年前の琵琶湖の姿を知るぼくとしては、琵琶湖の何をどう見たらそんなことが言えるのかとっても不思議に思う今日この頃です。

 初めてのバスタックルは、小学6年生のとある日曜日、親父のヘラブナ友達のおじさんから貰ったものでした。一緒にシルバーに輝くスプーンも一緒に貰いました。初めてリールを使った釣りなので、なんだかかっこよくなった気分がして、その日はヘラブナ釣りそっちのけでキャストしていました。ところがコイがスレで釣れた以外にはなんにも釣れませんでした。そこで釣りから帰ると自転車に乗り釣り具屋さんに直行し、『アメリカ製ワーム』と書かれた3本100円のワームと、釣り具屋さんのおじさんの言うがままにシンカーとフックを買いました。今思えばそのワームは“トーナメントワーム”の偽者でした。あっ、でも、“トーナメントワーム”と言っても最近の方はわからないかもしれませんね・・・?(汗)

初めてのバスはそのワームで釣りました。しかもノーシンカーで底まで沈めてシェイクするという初心者にしてはまぁまぁ複雑なテクニックを駆使していました。というのも、シンカーの使い方がよくわからなかったので、使っていなかったのです。そのためそれ以後かなりの長期間、ワームでの釣りはしませんでした。バスが喰う瞬間が見えるってことでトップウォーターばかり使っていました。当時の琵琶湖のバスはスーパー初心者のトップウォーターにも喰い付いてくれるバスだったのです。今では想像も付かない状況だと思いますよ。まさにパラダイスですね。

(2005/05/25)