「特定外来生物による被害防止に関する法律」のパブリックコメントがスタートしました。先月の小池環境相発言により一転してオオクチバスがリスト入りした今回の法案は、ブラックバスだけの問題にとどまらず、釣り人の皆様がしっかりと考えなければ今後、多くの魚釣りそのものに大きな影を落としかねないものだと思います。そのことをご理解いただき、多くの方からのコメントを環境省に届けることにぜひご協力ください。

平成17年2月3日  小森嗣彦

パブリックコメントとは…
行政機関が政策の立案等を行おうとする際にその案を公表し、国民・事業者等の皆さんから意見や情報を提出していただく機会を設け、最終的な意思決定を行うというものです。
募集期間…
平成17年2月3日(木)〜平成17年3月2日(水)
17:30必着
電子メールで送る…
件名に「特殊外来生物の選定について」と書いて、意見提出用紙はテキスト形式でお送りください。(添付ファイルは受理されません)氏名、連絡先は必ずメールの本文中に記載してください。
送り先はgairai@ene.go.jp
FAXで送る…
所定のA4用紙で03-3504-2175へFAXください。 受付時間は平日9:00〜21:00です。(最終日は17:30まで)休日(土日、祝日)、夜間、早朝は受付されません。
郵送で送る…
所定のA4用紙をお使いください。(ハガキなどでは受理されません) 封筒の表に朱書き(赤)で「特殊外来生物の選定について」と書いてください。
(宛先 〒100-8975 東京都千代田区霞ヶ関1丁目2番地2号 環境省自然環境局野生生物課)
中立かつ正確な情報の発信を行うバスファンネットへのご登録もお願いします。
PC用URL http://www.bfn.jp/
携帯用URL http://www.bfn.jp/i/

パブリックコメント記入に関して
注意事項

  • 法律の趣旨を理解してお書きください。
  • 意見の対象となる種の正式名称(オオクチバス、コクチバス)で記載してください。ブラックバス、ラージマウスマス、スモールマウスバスなどの表記は無効になります。
  • FAX、郵送の場合は必ずA4の用紙、メールの場合は件名に「特殊外来生物の選定について」と書いてください。
  • 意見は1名につき1回のみの受付になります。同じ意見を複数人や複数の部署からコピーなどして提出しないでください。連名も無効となります。
  • 個人や特定の団体を誹謗中傷したり、財産、プライバシー、著作権を侵害したりする内容や法律に反する内容、犯罪的な行為に結びつく内容、営業活動など営利を目的とした内容も無効となります。

書き方のサンプル

例1) オオクチバスの選定に反対。釣った魚を放つことを禁止していないとはいえ、各県でリリース禁止の規制を作らないという約束がない。バスがいろいろなところでリリース禁止になりそうだから反対。
例2) オオクチバスの選定に反対。専門家が話し合ってから選定するかどうかを決めるべき、専門家は半年話し合うとしたのに、法律の目玉だから、まず選定するなどおかしい。
例3) オオクチバスの選定に反対。子供達にとって一番身近な魚は、オオクチバスなのに、バスが選定されたら、釣りがしにくくなってしまう。悪いことをしているように思われる。

今月号のBasserなどにも多くの情報や資料が掲載されております。「パブリックコメント、私ならこう書く」などを参考にしてください。

パブリックコメントは皆さんのお言葉でお書きください