HOME MAGAZINE Field Info. GUIDE ABOUT BBS LINK
    『ウインタ−バスをGETする3つのルア−

パワーホッグ5inにフットボ−ルお試しあれ。







        「ウインタ−シ−ズンの贈り物」
      〜冬の1匹は春にかけての釣りに繋がる〜
12月になるとイベントたくさんありすぎて、釣り行ってなくない??忘年会にクリスマスに大晦日…イルミネーションが町にキラキラしだして遊び心がウズウズしますよね〜。
〜それから〜12月の大イベントは…そう!!マイ ハッピーバースデー!!ヒューヒュー!!パンパン!!って感じで毎日ゴキゲンに過ごしている今日この頃。

妙なテンションで始まった今回のスペシャルメニューですが、このツラ〜イ冬にバスをゲットする必殺ルアー!!基本的にそんなモンない!んで…バスのいる場所で使うと効果的なルアーを紹介します。

まずはバスの居場所探し。基本的にディープが安定していますが、いい天気が数日続いたりすると、ドカンと1発シャローでデカイのが単発で上がったりするのもこの時期の特徴です。まずそのディープですが、上流域のファーストベンド。大きな岬の先端部から付け根に掛けての広範囲をキャロなどで探ります。操作は基本的にズル引き。風に流される程度のドラッキングも有効です。水深は10〜15m前後で出来るだけ大きなフラットエリアがいいです。シンカーは確実に底が取れる重さ。なれると軽くすればいいと思います。さて、ルアーなんですが、ストレート系、カーリーテール系、ホッグ系とその日の反応を見てローテしていきます。

次にディープで良く使うのがメタルなんですが、スレるのがとても早いのが欠点なので、釣り込みたいときなどには〜3/4ozや時には1oz程の重ためのフットボールヘッドにパワーホッグ等をセットし、ドラッキングしながらバンプさせるとリアクション効果があり!今までキャロで釣っていた魚と違ったコンディションの魚が釣れたりするので効果的です。

そして、もぉ1つ!シャローに上がろうとしている魚を狙う場合、イーターやTDミノーなどのスプーンビルタイプを使います。従来のポンプリトリーブではなく、クランキンで狙うのが肝です。春のスレあたりと違い、完全にベイトとして意識している時期なのでタダ巻きで充分釣れます。


冬は辛いですが、この時期釣っておくと春いい思いが出来るので価値ある1匹となるでしょう。冬はココにいたから、春はココから近いシャロー…その周辺の暖かくなりそうなところ…とか、色々プラスになるので是非チャレンジしましょう。

(2005/12/04)