HOME MAGAZINE Field Info. GUIDE ABOUT BBS LINK
『フィッシングシーン・オブ・ザ・イヤー2005』 



































          マキマキジグヘッドワッキー

 ホントは言いたくなかったんですけど、今年、ガイドで初めての大失敗をしました。それは『ダブルブッキング』、あってはならないことをやってしまいました。言い訳をし出すと山盛りの言い訳になりそうなので、あまり多くは語りませんが、ゲストに多大なご迷惑をおかけし、もう恥ずかしいやら情けないやらでかなり凹みました。「小森も気ぃつけや〜」

 ってことで、ホントの「フィッシングシーン・オブ・ザ・イヤー2005」の発表です!でもなぁ〜、ホントは言いたくないんやけどな〜、仕方ないな〜・・・『マキマキジグヘッドワッキー』←これです!

 『マキマキジグヘッドワッキー』、ようはジグヘッドワッキーにちょこっと手を加えてリトリーブメインで使うってことです。ジグヘッドワッキーというとフォールやシェイクで使うのが主流ですが、何を隠そうぼくはずっ〜と以前からちょこっと手を加えてリトリーブメインで使っていました。琵琶湖のウィードエリアや野池のブッシュ周りでサスペンドしているバスにすごく効果的だったんです。プリスポーン期からアフタースポーン期、そしてサマージーズンにも、それしか反応しない、なんて日もあったくらいですからね。

 手を加えることはいたって簡単、頭にネイルシンカーを埋め込むだけでOKです。ネイルシンカーのウエイトですが、使用するジグヘッドよりも重たいたほうがいいですね。そうしないとバランス良く泳がないですから気を付けてくださいね。ちなみにぼくはジグヘッドを0.6gにして、ネイルシンカーを1.4gにして使っています。ジグヘッドはワームに対して縦刺しにしてくださいね。

 『マキマキジグヘッドワッキー』の最大の特徴は、ジグヘッドとネイルシンカーのバランスを上手くとると、リトリーブ時にワームが小刻みにバイブレーションするってことです。ロッドに軽く伝わってくるくらいのバイブレーションです。もちろんワームよってこのバイブレーションに大きな差が生じてしまします←ここが最大のキーポイントです!つまり『マキマキジグヘッドワッキー』は使うワームの選択がとても重要なんです。そこでぼくは考えました!そうです!従来品を使うのではなくて自分でそれ専用のワームを作ってやろう!!と。

 プロジェクトは今夏より始動しました。ぼくが作るのですから、もちろんBuruBuruPuriFuraをプロデュースしてきた「邪道」からの発売を前提にしたプロジェクトです。現時点での進行状況をお伝えしておきますと、してほしい動きをどうすれば出せるかは判明しまして、今はそれを形にする作業の真っ最中です。何個かのサンプルを作って琵琶湖や野池でテストもしましたが、結果は上々です。「それでしか釣れないバス」が確実に存在していることも分かりました。そして、さらに、棚からボタ餅的にこのワームのさらなる可能性も見えてきました。

 普通のジグヘッドリグでこのワームを使うと、縦のロッドさばきでのミドストや、単純にトントンとスイミングさせたときに発生するテールが水をキックする動きが、とてもよく効くタイミングがあったのです。プロトワームには3本のテール?ヒゲ?があるのですが、左右の2本と真ん中の1本が違った水の掻き回し方をするんです。難しいことを言い出すとまた止まらなくなるので簡単にご説明すると、マキマキジグヘッドワッキー時に3種類の動きをワームに出させたかったのですが、この3種類のうちの2種類の動きがテールによるものなんですけど、そのテールの2種類の動きがジグヘッドリグでのミドストやトントンスイミング時にも意外に!!想定外に!!効果的だったんです。

 このワーム、どんなワームかは次回の釣りビジョン“進め!西日本バスクラブ”で判明すると思います。次回のロケで使う予定なので、釣れればぼくのことですから調子に乗って、いろいろと説明しだすと思います。もし釣れなかったら・・・それは考えないようにしましょう(笑)

 あ〜、もうちょっとナイショにしておきたかった〜

(2005/12/28)