HOME MAGAZINE Field Info. GUIDE ABOUT BBS LINK
『フィッシングシーン・オブ・ザ・イヤー2005』 


































             「ロングロッドの有効性」

今回は私の使っているタックルにスポットライトを当ててみたいと思う。余談になるが私がタックル、ルアー以外の釣り道具について話をすることは極めて珍しい。それは特に何かを隠しておきたいとうシークレット的な動機からではなく、常日頃あまりこれら、道具について気を使っていないからである(笑)。あえてその優先順位をここで公開すると私が道具の中で気を使う優先順位は1,ルアー、2,ボート、3,ライン、4,ロッド、5,リール…の順番である、もちろんこの優先順位には私なりの理由がある?のだが本題からあまりにも逸れるので割愛する。
今期、私の中で最も活躍し、その頻度が飛躍的に多くなっているロッドが一般に言われるフリッピングロッドである。それは私のメインフィールドがフリッピングを多用するようなレイクが多いからではなくその本来の使用コンセプトとは若干ズレた目的で使っている、私がフリッピングロッドを多用する最も大きな理由はその長さである。ピッチングはもちろん通常のキャスティングにおいてもこの長さの利点は多い。
ロングキャスト、フッキングのストローク、バスとのファイト、7,6フィートのロングロッドだから可能になるロングキャスト、ロングディスタンスというアプローチは極めて有効だ。
トップウォーター、ビッグベイト、キャスティングワーム、スピナーベイト、などその具体的用途も多岐に渡る。
またそのパワーも利点の一つと言ってよい。私がガイドをしている今の琵琶湖においては3kgを超えるサイズは決して珍しくない。通常のミディアムパワー程度のロッドで彼らが反対に向かって一気に泳いでバイトしたとなどにフルパワーのフッキングをしようものならあっけなくロッドが折れてしまうことも度々である。普通の2kg程度のバスまでであればたとえバスが反対側を向いていてもフッキングのときにこちらに頭を向かせることが出来るのだが3kgを超えると根掛りした状態でフッキングするのと同様だと思ったら良いだろう。

こうした数々の利点があるフリッピングロッドだが当然のことながら弱点も存在する。その最たるものが重量となるのだがその点に関しては近年の軽量化が進み軒並み150g以下まで抑えられ、その点がフリッピングロッド汎用化のきっかけとなった。それでも多少の重さやその硬さから来る操作性の悪さは少なからずある、しかしこれはグリップの持ち手で改善できる。一般的にリールをホールドする持ち方が多いと思うのだがフリッピングロッドの場合はフロントグリップを持つことでかなり改善できる。

道具は何においてもある突出した性能を出そうと思うと必ずその反動がでる。それを如何にコントロールし克服するかでその道具を使いこなすことが出来るかが決まる。
新しく何かを始めるときは今までのルールを捨て去ることから始まる、バスフィッシングにはある意味マニュアルはない。既存の考え方や経験に捉われずに新しい釣りにぜひチャレンジしていったらどうだろう。

(2005/12/21)