HOME MAGAZINE Field Info. GUIDE ABOUT BBS LINK
     『夏休みを楽しく攻略する方法!』






        「大遠征」 サマーバケーション!!!



 夏休みを楽しくする方法!・・・なんて言われても、夏休み自体が楽しいバケーションなのに、さらにどうしろっていうんでしょうかね?それに、大人なぼくには夏休みなんてありませんからね。自分にはないものを楽しくする方法なんて・・・ちょっとは考えてくださいよ!総帥!・・んっ、総帥って誰?

 ってなわけで・・何が?・・おくむら流の夏休みの楽しみ方はやっぱり「大遠征」でしょう。普段釣りに行っているフィールドを離れてもっと遠いところで、しかも泊りがけで行くなんていいじゃないですか。ぼくも中学生&高校生の夏休みには、普段行くことのできない琵琶湖の北のほうへ野宿しながら釣りに行きましたよ。朝から晩まで釣り漬け、眠たくなったら寝る、お腹が減ったら釣ったバスを食べる。お風呂は琵琶湖に浸かる。帰るタイミングは、バックラッシュでラインがなくなったり、持っていったルアーが全部なくなったりのタイミング。そりゃもうすべてが楽しかったですよ。

 大人になったおくむらの大遠征先のオススメは涼しいところですね。大人になると夏の暑さはかなり辛くなってきますから。子供の頃は平気やったのになぁ・・・。涼しい場所でしかも楽しい釣りができるところでオススメなのは、長野県・野尻湖&福島県・桧原湖ですね。そうですどちらも有名な避暑地で、日本で貴重なスモールマウスバスの宝庫です。

どちらもサマーバケーションで行ったことはないんですが、ワールド戦で夏に訪れたことがあります。そのとき感じた嬉しさは朝の涼しさでした。下界の街では絶対に味わえない涼しさですよ。ヒンヤリし過ぎて長袖シャツがほしくなるくらいです。この涼しさを味わうだけでも“もうけもん”です。で、それにプラスして普段は釣ることができないスモールマウスバスを狙っちゃおうという魂胆です。スモールマウスって普段釣っているラージマウスと比べると、と〜ってもやんちゃそうな顔をしていて、引きがすご〜く強いんですよ。たとえ1匹しか釣れなくてもすご〜く感動しますよ。

 せっかくの夏休みですから、お小遣いをパ〜っと大盤振る舞いで使って、これくらい普段と違う場所で普段とは違う魚を釣ってみましょうよ。きっと良い思い出になるはずですよ。あれですよ、あれ、モノより思い出!そうそう、もし彼女や奥様がおられるのなら絶対に連れていってあげてくださいね。どちらもオシャレなペンションがいっぱいあるところなんでイイ感じ〜ですよ。

あぁ〜、書いていると自分の気持ちまで盛り上がってきましたが・・・ぼくには夏休みが・・・でもでもこの時期は夏休みを琵琶湖で楽しまれる方のガイドをさせていただくのです!楽しい夏休みの思い出作りのお手伝い・・実はこれが一番楽しかったりするんです♪

(2005/08/09)