HOME MAGAZINE Field Info. GUIDE ABOUT BBS LINK
       「エキサイト・サーフェス・ゲーム」









      「ドキッ!サ−フェス・ポッパ−」


 そもそも、サーフェスゲームがエキサイトか?と聞かれれば、ぼくの場合「び、微妙・・・」と答えてしまいます。もちろん、バスがトップウォタープラグにガバッ!と出る瞬間は「ドキッ!」としてとってもエキサイティングな瞬間ですが、だからと言って、いつでもどこでも派手にガバッ!と出るわけじゃないですから。言葉で表すと、モワとかノソとかフワとか、それこそいつの間にやらルアーが消えている、なんてことがあります。こんなときはどう考えたってエキサイティングな気持ちにはなりません。どちらかと言うと、静かにガッツポーズ・・そんな気分です。

 サーフェスゲームがエキサイティングに感じてしまうのは、意地悪な言い方をすると「バスが喰う瞬間が見えるから」だけじゃなくて、「まさか喰うとは思わなかった」そんな気持ちも働いているからだと思います。ぼくのサーフェスゲームには「まさか喰うとは思わなかった」って気持ちは働いてないんです。ちゃんと自然条件や過去の経験からいろいろなことを考えて「喰う」と信じてルアーをキャストしますから。ですので、想定外の派手な出かたをしない限り、静かにガッツポーズなのです。でもだからって「喰うと思わなかった」気分を全面的に否定する気は全くありません。

 「喰うと思わなかった」の延長線上にもサーフェスゲームの楽しみがあります。それは「こんなルアーで喰うとは思わなかった」っていう遊びです。こんなルアー・・・は人によっていろいろ違いますが、とにかく自分が「釣れる」と感じれなかったルアーで釣れると、「ドキッ!」って気持ちが倍増されエキサイティングなゲームになります。ぼくもこれこれこういう状況なら「釣れる」と信じているルアー以外にも、ちゃんと「こんなルアーで釣れるんかいな?」なんてルアーを持っています。で、たまに投げて「ドキッ!」を味わっています。


 
なんだか、理屈っぽいことを書いてきてしまいましたね。すみません。きっとたくさんの方が「で、釣れるトップウォーターはなんやね〜ん!」とお怒りになられていることでしょう。はい、わかりました、おくむらさとしが自信を持ってオススメするトップウォーターのご紹介です!いえ〜い!

 ぼくが「釣れる」と信じているトップウォーターはズバリ!「ポッパー」です。実は「ポッパー」ってルアーは、なななななんと一年中使えるトップウォーターなんです。そうです、真冬でも条件が合って動かし方を考えれば釣れるんです。ホントですよ! ねちっこくゆっくり動かしてください。そしてさらに「ポッパー」ってルアーは、小さいバスから大きいバスまでサイズを選ばずに釣れてしまうんです。釣り具屋さんに行ってよーく見ると気が付くと思いますが、「ポッパー」ってどれもこれもほとんど同じ大きさなんです。肝心なのは大きさじゃなくて・・・。で、他のトップウォータールアーってよーく見ると極端に大きいものや小さいものがあるでしょ。

 ぼくのオススメの「ポッパー」は銘柄的には、Megabassの“POP−X”とアングラーズリパブリックの“T.T.ポッパー”です。機能的には「水を潰すタイプ」と「水を跳ね上げるタイプ」です。つまりはPOP−Xが「水を潰すタイプ」でT.T.ポッパーが「水を跳ね上げるタイプ」です。ポッパーはバスとの距離が上下で開いてる場合に使うのですが・・・ん〜簡単に言うと、そこにいてるはずのバスをポッパーのアクションで水面まで浮かせて喰わせる、そんな感じかな?・・・浮いてきにくい場合に「水を潰すタイプ」、浮いてきやすくなると「水を跳ね上げるタイプ」を使います。晩秋〜冬にかけてやアフタースポーン期、真夏の野池なんかは「水を潰すタイプ」、プリスポーン期やアーリーサーマー期、人のプレッシャーが少ない野池は「水を跳ね上げるタイプ」を使います。

 サーフェイスゲーム・・いろいろ書いてきましたが、やっぱりバスフィッシングの中で理屈抜きに一番楽しい遊び方です。トップウォーターオンリーの方はいっぱいおられて、そんな遊び方が確立されていますが、他のルアーオンリーなんて遊び方は確立されていませんからね。とにもかくにも、釣ったことのない方は、釣れることを信じて投げ倒し、まずは「ドキッ!」を味わってください。そうすればサーフェスゲームの扉がきっと開くはずです。


(2005/06/22)