HOME MAGAZINE Field Info. GUIDE ABOUT BBS LINK
       「エキサイト・サーフェス・ゲーム」

生まれて初めて釣った50UP。18歳のとき。ルアーはレッドペッパーJr.

自作、通称「ぴんく○ーター」。これで60本以上キャッチしたこともあります

リアクション系とスロー系の中間的な存在のポッパー。一番上はアメリカでバックシートから飛距離が欲しくて手に入れたもの。下はスゴイスプラッシュ。

リアクション系の定番、スイッシャー。湖面をかき回すためにも使います。

       「忘れられない思い出」


 トップウォータフィッシング=水面でのパターンはいろいろあるのですが、今回はパターンなど考えずにトップウォーターを投げまくるような気持ちでお話します。私がバスフィッシングを覚えたのは、スペシャルでも書きましたが兵庫県東播の野池です。ベイトタックル一本で釣りに行っていたあの頃、手っ取り早く釣れる魚を釣るにはトップが一番でした。それは野池という慢性的なエサ不足にあるバスの状況からトップが最適と選択したわけではなく、ただルアーを失くしにくいからといったことからでしたが、水面を割って出てくる迫力はいつまでも脳裏に焼きつき、ファーストルアーはトップという決まりごとのようになっていました。見えているバスにも有効で答えが早いのも利点でした。とくにいい思い出があるのは夏の夕暮れ。あの頃は暑い日の午後は必ず入れ食いました。しばらく私の自己最高だった49cmも初めて釣った50UPも夏の夕方にトップウォーターで釣ったものでした。アタックしてくるところから今でもはっきりと覚えていて、今でも暑い日の夕方に湖が凪った状態になるともう私はトップしか考えられません。
 たとえ釣れなくても、静かな水面を割って出てくる迫力あるアタックを想像したらほかのルアーで釣ることなど眼中になくなる、それがトップウォーターフィッシングの魅力です。


 
私の大好きなペンシルベイト系トップたち。

 トップウォーターには色んなタイプがあります。ペンシルベイト、ノイジー、ポッパー、スイッシャー・・・極端に分けるとベイト系(細身のペンシルベイト、プロペラミノー)、リアクション系(スイッシャー、ジタバグ、デカペンシル、バズベイト)、スロー系(クレイジークローラー、ポッパー)といった感じのアクションです。バドなどの水流系は私の中ではトップでないので今回ははずしておきます。私が好きなのはベイト系のペンシルベイト。ザラパピー、レッドペッパー、クレイジーペンシル、そして知り合いに作ってもらったオリジナルのペンシルが昔から変わらず愛用品です。
 これらのルアーはベイトが逃げるような静かなアクションでバスを誘います。このルアー達の裏技的な使い方は、まず湖面をバズベイトやスイッシャーなどでかき回します。1分ほど静かにしておいてから投げると不思議なことに今までトップに出にくかったような状況でも出てくることが多いのです。人の多いところじゃ使えませんが、機会があったらぜひ試してみてください。
 
 トップの話を書こうと思ったら思い出話ばかり頭に浮かんできました。関東に来てはじめて釣ったバスもスイッシャーでサイトフィッシングでしたし、フローターで千葉の某リザーバーで60本以上トップで釣ったこともあります。高滝で始めてバスを釣ったのもトップです。(思い出自慢系の話ばかりですいません…) しかし今でも私のサーチベイトはトップウォーターです。平日のプリプラクティスなどではフィーディングのバスを探すには手っ取り早いですし、やっぱり失くらないのが一番です(笑)
 最後にタックルを紹介しておきます。トップはベロベロのグラスロッドにアブのリールがお決まり…というわけじゃありません。ルアーは軽いのから重いのまでありますから、ベロベロなロッドを選ぶという選択肢は正解に近いのですが、私はファンタジスタFC−63−MRで何でもこなします。立ち木周りなどで潜られないためとフッキング効率を上げるため、ちょっとばかり硬めです。オーバーハングを狙うときはスピニングを使います。そのときはルアーフックをダブルフック装着に変えます。

 トップウォーターフィッシングは私にとってもこだわりの領域的な釣りなので、皆さんもそれぞれのスタイルを大事にして楽しんで下さい。

(2005/06/20)