HOME MAGAZINE Field Info. GUIDE ABOUT BBS LINK
       「アフタースポーニングタクティクス











   why?の壁〜


アフタースポーンって響きはどうも“釣れない”代名詞のような響きがしているようで、「この時期は苦手やな〜」って声をたくさん聞いたり、それこそ最近の琵琶湖ではGWが開けて『アフタースポーン真っ盛り』なんてうたい文句が広がりはじめると、一気に釣りに来るアングラーの数が減ってみたりします。
 てな状況を見たり聞いたりして感じることは「バスの状況や気象状況で『釣れる!』だとか『釣れない!』だとかの判断をされているアングラーがとってもたくさんいるんや〜」ってことです。アフタースポーン=釣れない!の他にも、ピーカンベタ凪=釣れない!だとか、大潮=釣れる!なんてものもありますね。あっ、そうそう、ぼくだけかもしれませんが、雨の天気予報=釣れる!ってのがあります。これにはちゃ〜んと理由があって・・雨の天気予報が出ると釣りに来るアングラーの数がいっぺんに減って、とっても×100は釣りがしやすくなるのです〜!(笑)

バスフィッシングには数多くの遊び方がありますが、その1つとして『状況に合わせて釣りをする』ってのがあります。ぼくが思うにきっとこの遊び方が浸透しきってないんだと思います。もしくは受け入れてもらえてないんだと思います。つまりアフタースポーンにはアフタースポーンの釣りがあるのに、それをどんどん紹介するわけでもなく、それをものすごく欲するわけでもなく・・・新製品ルアーやどこで釣ったか?なにで釣ったか?なんてことばかりにみんな目を向け過ぎなんだと思います。

もっと「なぜ?Why?」を感じてほしいです。「どうしてそのルアーを使ったのか?」「どうしてその場所で釣りをしたのか?」「どうしてそんなアクションをさせたのか?」そんなことにもっと目を向けてほしいです。そうすれば、シーズンで異なるバスの状態やそれに合わせたルアーやルアーの使い方が見えてきて、最終的にはどこでどんな釣りをすればいいか見えてくるはずです。ですので、いきなり明日からそれがすべて分かり入れ食い〜!なんてことは絶対にないです。積み重ねです。それなのに・・・
 
 ぼくのアフタースポーンの狙い方、まずはルアーの動かし方は『横方向』を意識します。意識するってのは、その動かし方をしている際中のバイトに集中するってことです。例えばテキサスリグを使ったとき、着水してボトムに着底するまでのフォール中は無関心で、底から横に動き出したときに集中するのです。横方向ですからシェイクもしませんよ。次に狙う場所ですが、これは簡単明快、産卵場所の沖です。どれくらい沖か?それはわかりません。だって「これくらい」がすべのフィールドに当てはまることなんて無理でしょ?そこは各自で探さないとね。それが面白いんですから。そうそう、沖に障害物があればなおGOODです。バスは産卵でお疲れなんで、もたれかかるモノが大好きですから。使うルアーやりグは・・これは横方法に動きやすくて、「釣れそう〜」って感じるルアーやリグでOKです。これを使えば100%だいじょうブイ!なんてルアーやリグはないですよ。だって、きっと、井手くんや、大熊さんや、大隈さんや、小森くんが紹介しているルアーは全部違うはずですから。
 
 ↑これだけのことが頭にあって、しっかりフィールドで実践できれば、多少キャストがヘタクソでも、新製品ルアーでなくても、ちゃ〜んとバスは釣れてきますよ!なにかを信じてやり続けることも釣りの極意の1つです。迷いながらやっているときって釣れないでしょ?このルアーを使えば釣れる!なんてジンクスや、ここで釣りをすれば釣れる!なんてジンクスは1つや2つはあるでしょ?それと同じですよ。↑を信じて・・ジンクスにして釣りをしていただいたらきっと「アフタースポーン=釣れない」にはならないはずです。「アフタースポーンはこうすればいいんや〜」ってことが分かってきて、もしかしたら「アフタースポーン大好き〜♪」なんてことになるかもしれませんよ。

(2005/05/07)