HOME MAGAZINE Field Info. GUIDE ABOUT BBS LINK
       「アフタースポーニングタクティクス









   アフタースポーニングのバスフィッシン


 アフタースポーン期に選択するスポットやエリアはプリスポーン期と重なることが多く、スポーニング中期から後半に掛けてはアフタースポーンのバスとプリスポーンのバスが同じスポットから釣れてくるケースも少なくない。
 ただ一点スポーニング直後のバスに関してプリスポーンと比べて決定的に異なるのはルアーのアクションである。アフタースポーンは「ステイ」まずこれを頭の中に入れていただきたい。
 もちろん必然的にルアーはワーム系になるのだがとにかくアクションの核となるのはステイである。
 当然誘いのアクションはフォーリングだったりシェイクだったりするのだが喰わせるのは絶対的にステイのアクションである。リグはテキサスでもドロップショットでもジグヘッドでも良い、周囲のシチュエーションにマッチするリグを選んでいただければ良い。

 そしてもう一つ大事なのはステイさせるスポットである、ただ闇雲にステイさせているだけではいくら時間があっても足りない。琵琶湖であればミドルレンジの2m〜3mウィードポケットがそれにあたる、偏向グラス越しに見えるウィードポケットや魚探に映るポケットなど周囲のウィードに引っ掛けてポケットに落とした後のステイさせる。とにかくバイトものんびり「ボーッ」としているときにグーッと重くなったりすることが多くガイドのゲストでも女性や初心者の方が上級者や我々ガイドアングラーを差し置いてビッグバスを釣ることが多いのもこの時期の特徴でありそれらは決して偶然ではない。

 スポーニング後時間が経ってバスもその体力が回復すると今度は一転、一気にリトリーブベイトに良く反応するケースが非常に多い。バイブレーションプラグやクランクベイト、スピナーベイトといった比較的展開の速い釣りだ。もちろんその行動範囲もこれまでが比較的ショアラインに近いラインだっのが水温が20℃に近づくと徐々に沖のラインへと移動する。
 もう一つ虫が飛び出すこの時期になってくるベイトフィッシュも水面に浮き出しトップウォータープラグやビッグベイトの出番にも多くなってくる。雨などローライトコンディション時は特にバズベイトなども非常に効果的なルアーの一つとなる。

 アフタースポーニングと言う言葉にはネガティブなイメージが付きまとうが早くスポーニングを終えたバスたちやそれらが多くいたエリアは当然回復も早いのでそうしたエリアを選択していけばつりのバリエーションも広がるのではないだろうか。

(2005/05/18)