HOME MAGAZINE Field Info. GUIDE ABOUT BBS LINK
季節の移り変わり〜
冬から春へ 水温10度以下の攻略とそれぞれのスタイル」
  
 
「バスは変温動物」
 
バスフィッシングでは水温、とりわけシーズナルパターンというものが重要視される面がある。ではなぜそれほどまでこのシーズナルパターンと呼ばれる季節ごとのバスの動きが重要視されるのか?今回はまずその基本中の基本から書いていこう。
その理由はズバリ「バスが変温動物だからである」これはバスに限らず水面下のほかの魚や生物すべてにいえることでもある。当たり前の話なのだがこれがバスの動きを考える際に非常に重要なことであるように思う。
この変温動物、水温が10℃なら体温も10℃、その置かれた環境下で体温が変わってしまう、体温が変わればそれに伴って代謝活動も変われば生活様式などすべてが変わってしまう。冬になると魚が釣れなくなってしまうのは体温が下がることにより代謝も下がり食べる必要がなくなってしまうからに他ならない。逆に高水温期には代謝も活発になりジッとしているだけでもエネルギーが消費されるので嫌でも食が必要となるわけだ。
これはバスに限ったことだけではなくその餌となっている動植物にもいえる。例えば気温が高くなり虫が発生するとおのずとそれを食するオイカワ類も水面直下に集まるようになり必然的にそれを食するバスも水面に注目するようになる、となるとそうしたオイカワ類を模したトップウォーターベイトが有効になるというわけだ。
そう、このシーズナルパターンはバスだけではなく自然界すべてについて知る必要がある。そうし自然の仕組みと共にこの連載は書いていこうと思っている。
話を春の釣りに戻そう。
これは春に限らず重要なことだが春を語る上で知る必要があるので書く。
変温動物にとって生体的にネックになるのは低水温でも高水温でもなくその「変化」とりわけ急激な変化には生体システムが弱いようだ。低水温期でも状況(水温)さえ安定して餌となる生物さえ居ればバスは釣れる。その代表的な例が冬のディープウォーターフィッシングである、水温が低くても安定しているそれがキーである。
そして春は変化の季節。水温の急激な変化に伴う食を中心とした住環境の変化もその理由の一つといえるだろう。
「季節の変わり目、パターンの変わり目は釣り難い」といわれる原因はここにある。
その代表的なシーズンが春なのである、特に三寒四温と呼ばれる春特有の天候変化は時に冬以上の厳しさを釣り人に与える。
厳しいのは冷え込みが気温よりワンテンポ遅れて水温に反映される「三寒」の後期。逆に良い結果をもたらしてくれるのは「四温」の後期となる。
春に良い釣りをしたいと思うなら出来れば後者の「四温」を狙って釣行すると良いだろう。
しかし不運にも前者の場合に釣行が重なった場合であれば未だ冬の状態にあるバスを狙うほうが得策だ。
更に具体的な釣り方に関しては字数が足りなくなったので私のガイドに来て下さい(笑)単に釣果だけではなくゲストの今後の役に立つガイドを行っております。

(2005/03/05)