HOME MAGAZINE Field Info. GUIDE ABOUT BBS LINK
「季節の移り変わり〜
冬から春へ水温10度以下の攻略とそれぞれのスタイル」

 
「小森理論的サスペンドミノー」
 
 1月の始めに最低水温に達した時点から、多くのバスはシャローへ上がってきます。私の理論ではそれは日照時間に関係していると思います。12月が一番日照時間が短いため植物プランクトン量も確実に減っていますが、2月になると日照時間も長く、浅いところではプランクトン量も増えているからです。
生態系の構図を考えてもピラミットの底辺層が多いところに上位のものも多いのは確実ですし、酸素の量も浅いところの方が多いはずです。
そのあとにスポーニングというイベントを備えているバスがシャローに行かないわけはありませんよね?

しかし2月も後半に差し掛かると三寒四温といわれる気候が不安定な状態が続きます。水温10度前後になると、特に天候によってコンディションや動きが大きく変わるため、パターンが掴みつらくなります。透明度の範囲、つまり見えるか見えなくなる辺りにバスたちはいて、気候によってシャローを伺っているのです。
シャローに上がってしまえば、カバーうちやクランク、ミノーなどで狙えます。しかし上がるのをためらっているバス、上がったけど戻ってきたバスたちはちょっとサスペンド気味な上にナイーブなのです。プレッシャーなどで食わない状態とは違い、明らかにタフっています。一般的に春はサスペンドミノーといわれますが、このバスたちを釣るテクニックがそれなのです。

したがって小森論的なサスペンドミノーの出番は、三寒四温の「寒」の初日か「温」の初日、上がるべきシャローフラットの縁の透明度のラインとなるわけです。ルアーはレイクのベイトに合わせればOK。私はビーフリーズやベビーシャッド、ステイシー60などをスピニングで使います。ロッドはそのために開発したファンタジスタ「STUDIOS」FS−S−60MLでラインはフロロの4〜5LBです。アクションはただ巻き&ステイのポンプリトリーブやジャーク&ステイで、ベイトの質によって変えてみます。ヒントはオイカワの方がワカサギより派手に逃げるということです。

(2005/03/05)