HOME MAGAZINE Field Info. GUIDE ABOUT BBS LINK
「季節の移り変わり〜
冬から春へ水温10度以下の攻略とそれぞれのスタイル」
 
不安定な早春 「攻略のKEYは水温10度!」

3月・・・暦の上では春!というイメージですが、三寒四温といわれる早春の気候は湖の水温変化や、バスのコンディションにおおきな影響を与えます。バスは確実にきたるべきスポーニングにむかってスポーニングに適したシャローを目指す動きをとっています。しかし早春のこの時期の釣りが難しいのは、天候による水温の変化にバスのポジションや摂餌行動が大きく左右されるため、アングラーがバスのポジションやルアーセレクトをつかみきれないことに原因があります。他のシーズンと違い、「先週ここでこのルアーで釣れたから!」というような事が通用しないのがこの時期なのです。いい釣果を得たいのならバスがこの先どう動くのかということを常に意識しなくてはならないのです。

 ではここからは、私なりの早春攻略の方法、ヒントを紹介していきます。先に述べたように、バスがシャローを意識しているのは間違いないので、まずはスポーニングエリアとなりうるエリアをピックアップするのですが、同じ湖でも全域で一斉にシャローめざしてさしてくるわけではなく、より水温の上昇の早いエリアをセレクトします。
 具体的には北からの風をブロックしてくれるワンドやコーブ、クリークなど、北だけではなくあらゆる方向からの風からガードされたプロテクトエリアはさらに水温の上昇が見込める。そんなエリアのアシ際やカバー際の水温が10度に達していれば、小さめのワーム、「ディープカップビーバー3インチ(アボカドレッドパール)、ゲーリーベビークロー(ファンタグレープ/スモールグリーンフレーク)、パワーホッグ3インチ(ジューンバグ)などの5〜6gシンカーのテキサスリグで岬状に張り出したアシなどを撃っていけ、水温の変化にあわせ、シャローとそこから 一段さがったポジションをうろうろするバスがアシ際にさすタイミングに合えば、少し長めのシェイクにより口を使わせられるだろう。(春は上記のような赤紫系ワームカラーが非常に有効)
 春のKEYは10度!とあるトーナメントで水温上昇の早いエリアのカバーを朝から撃っていたがノーバイト・・昼近くに魚探の水温計が10度を超えてまもなく沈黙していたエリアから3匹のバスをキャッチしたことがある。

 同じようにシャローの水温が安定して10度をさすようになっると、クランクベイトなど巻物系ルアーが威力を発揮するようになります。ところが琵琶湖を例にとると、3月上旬の水温はおそらく8度前後である所が多いとおもわれます。こうなってくると、バスもスポーニング場所より一段深いブレイクや、ハードストラクチャー、ウィード等にポジショニングし、ルアーに関しても、ストラクチャー際やウィードの上でステイさせられるサスペンドルアーや、軽量ジグヘッドリグによるミドストといわれるスイミングテクニックによりスローにウィードの上面をトレースしたり、もしくは重めのラバージグやテキサスリグのリフト&フォールですばやいフォールによりリアクションバイトを誘ったりというテクニックが有効になる。「ライブXマーゲイ、リバイアサン、X−80,スピンムーブシャッド、シャッドラップSP,  ワームではタイニーエクスレイヤー、イーバ4”、、バークレーバスミノー3”、FLSベッドポスト、テキサスならG−4等がおすすめ!)

 バスがどのポジションにいるにせよバスがどの様なルートでシャローを目指すか把握することが重要です。たとえば沖からシャローへ続くミオ筋であったり、ウィード伝いであったり、ブレイク沿い、リップラップ沿いなどバスにとってシャローへと続く道とその付近のストラクチャーを浅い方からチェックしていけばバスにたどりつく確率はアップします。水温10度未満というこの時期のバスはナーバスなのでラインセレクトもやや細め、ルアーカラーにもセレクティブになっていることがおおく、水の色等に応じてまめなカラーローテーションも重要です。
 また温排水などが流れ込むような場所はほかが沈黙したときにもストロングなので、天候の変化のみならず、人為的な原因で一時的にHOTな場所がうまれることがあるので要チェックです。
以上私なりに早春の攻略法を紹介しましたが、あとは現場であなたが頭と五感と経験をフルに使ってバスを探してみてください。それがバスフィッシングの楽しみなんだから・・・。そのお手伝いができれば幸いです。

(2005/03/05)