HOME MAGAZINE Field Info. GUIDE ABOUT BBS LINK
「プリスポ−ンを攻略するためのヒント」









 
  「春限定!!ビッグママをGET」
 
 さあ・さあ・さあ・さあやってきましたこの季節!花粉症に悩まされている人には、ホント申し訳ありませんケド。1大イベントの季節でですよ!釣りに行ってます?行かないといい時期のがしますよー。LANDING NETで情報を仕入れてさっさと釣りに出かけましょう!つうか、この時期の各プロのガイドなんか勉強になることがかなりあると思うんで、是非利用してください!そうそう、BANNZAI ガイドサービスもよろしくおねがいしますね。って感じで、宣伝なんかも交えながら、本題に入りたいと思います。
 この時期の釣りといえば。。。そう!1年でもっともBIGバスに出会えるとっても楽しいく、バス釣りの奥深さを教えてくれるそんな時期でもあります。前回は、リザーバーの釣りでしたよね。今回は、そうマザーレイク琵琶湖を例にとって、話しましょう。冬の間冷え切った水の中で枯れていたウィードもポツリポツリと生え始めます。まだまだ冬の間に残っているウィードもありますが、背の高い弱いウィードがほとんどだと思います。だいたい、2・5〜3mあたりに生えているのがそうです。しかしこの時期狙うウィードはそれよりさらにシャローよりの1〜2mの間にパラパラ生えるウィードです。中にヒョロっと生えているウィードを狙って行きます。例年生え方に差があるのでマチマチですが、エリアを具体的に言うと、名鉄前 アクティバ 井筒 などです。共通しているのは、西エリアのすべてディープ側に、前途したウィード地帯があります。そこで狙うのは、もちプリメス。新芽の上にサスペンドしていると仮定。さらに絞って例のヒョロウィードについていると仮定。そうじっと鼻先を通るシャッドを待ち受けているイメージで、スピナーベイトをチョイス。ボートはシャロー側にポジショニングして、沖から差してくる魚に対応します。後はロングキャストでスローに引くだけの繰り返しです。あくまでも一定のリズムで・・・ウェイトは状況によって変えていきます。始めは1/2オンス程度で反応が悪ければこの水深でも3/4オンスを使います。1/2オンスはウィードについてサスペンドしているとき比較的反応がいいときです。3/4オンスはウィードの根っこに潜んでいると考えて使い分けます。とこんな感じで手返し良く探るのが、BIGママに会えるチャンスが増えると考えます。一度頭の中でイメージして実際トライしてみてむださいね! 
では、また。。1・2・3  BANZAI!!

(2005/03/26)